てくのさんの独り言

特にありません。好きなことを書いてます。だいたい愚痴です。

「万引き家族」をみたてくのさん。

今更ながら前々から見たかった是枝裕和監督の「万引き家族」をみてきました。

この映画、カンヌ国際映画祭パルムドール賞を受賞したことで話題にもなっていましたね。

 

整理がてらこの映画の感想のようなメモを残そうと思います。

 

あらすじです。

 高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。 冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治が家に連れ帰る。体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく──。

filmarks.com

é¢é£ç»å

映画のポスターです。にこやか。

 

リリー・フランキー主演とのことでとっても気になっていたのですが、こういう映画が大好きなんです私。同じ監督の「そして父になる」も良かったですね。

 

ドラマ映画といってもこういう人間臭いヒューマンドラマとも言えばいいのでしょうか。

そういう映画です。

 

実はこの3日前に長崎に立ち寄った際ヒューマックスシネマで「空飛ぶタイヤ」というこれも池井戸潤小説原作の映画をみたのですが、こっちのほうがみたかったんです。

原作もWOWOWのドラマも全部みたのですが、またの機会に書くことにします。

 

少しネタバレにもなってしまうかもなので一応お断りしておきます。

ネタバレ読んでも楽しめるかと思うんですけどね。

 

なんていうんでしょうかね、あの映画。

 

人間って臭い、そんな映画でした。

 

映画の中で安藤サクラ演じる信代がこんなセリフを口にします。

 

「子供を産むことで母親になれるのか。」

 

映画のストーリーをわかった上でないとこのセリフの意味を汲み取るのは難しいのですが、信代は子がいません。それを踏まえた上で子として接してきた娘息子たちとの思い出は彼女にどう映っていたのでしょうか。彼女なりに精一杯生きてきてこの結末ですから。とても感慨深いものです。安藤サクラの演技もまた素晴らしいものでした。

 

この映画には柄本明ですとか樹木希林ですとか池松壮亮ですとか大ベテランとも言える俳優女優の方々が一瞬だけ出演しています。いちセリフですとか演技が本当にそのキャラで切ないけど暖かったですね。

 

この映画では彼ら家族の運命を変えるある事件が起きるのですが、その事件ではこの家族が槍玉に挙げられてしまいます。そのニュースの報道を見つつ、現代社会で実際に潜む闇を垣間見てました。

 

こういう家族をいざ自身がその一員になったように主観的にみれなかったとしたら、テレビのワイドショーの向こうで偉そうに御託を並べてる文化人の言葉に頷きながら、「いやねえ、こわいわねえ」なんて恐ろしい、異常だとボソボソ喋っていたとしたら。

 

そんなことを感じました。

 

人間って臭いです。醜いです。

けど、暖かくて落ち着くものです。

 

おとといのブログでもおなじようなことを言いましたが、人は元来より誰かと関わりながら大きく成長するのです。

 

technosan.hatenablog.jp

よければお読みください。

 

貧乏であったとしても、複雑な事情が絡み合うだけでこんなにも割り切れないものになってしまうのか。

 

後半のシーンは彼らが逮捕されて警官とのやり取りになるのですが、綺麗事と法律では裁くことの出来ない幻想のようなものがみえました。

今までの家族としての集まりが現実によって別けられるのです。

 

事細かに書くと面白みが失せてしまうので程々にしますが、映画のカットひとつもとても美しくてセックスのシーンも彼らが働くシーンも食事のシーンも汚く綺麗でした。

 

もしこの映画の感想を人にすすめられたとき私は「うん、勧めるよ。」としか言えません。

 

ただ、最後のシーン含めてみている人がやるせない気持ちになるでしょう。そして心の奥がジーンと熱くなって「うん!みんな解決!ハッピーエンド!またみんなで暮らそう!」とはならない所がこの映画の良さの一つでもあるんじゃないかなと思いました。みんながサイレントマジョリティーでアクションを起こすわけじゃないのです。結局怯えているのです。

 

メインビジュアルみるとしんどいですね。私は映画は別に点数つけるものでもないし、みたひとそれぞれ評価は違うので点数なんかはつけませんが、良かったなって映画でした。

 

たまにはポップコーンとコーラ買って映画みたりなんだりしてみるのもいいですね。

 

たまには映画みませんか?NETFLIXとかプライム・ビデオでみるんじゃなく劇場に足を運んで。案外、いいものですよ。

 

それでは。

 

 

 

 

からだを鍛えたいてくのさん。

突然ですが、からだを鍛えたいです。

身体なのか体とどっちを書けばいいのか迷いますが、面倒なのでからだと書きます。

 

さて、なぜ急にからだを鍛えたくなったのかというと、なんとなく自分のわがままボディが恥ずかしくなったからです。

 

実は、巷で話題のZOZOスーツとやらを買うことにしたのですが、もしそこであんまりにも残念な数値を目にしてしまったら服なんて選べなくなってしまうんじゃないかと思ったからです。

ãã¾ã¾ã¹ã¼ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

こんなのです。

 

え、ウエストと胸囲が一緒!?なんてなってしまったら私は泣いてしまうでしょう。

女の子みたい。かわいい

 

冗談はさておき、結構服とか美容に気を使いだしてから自身のからだにも気を使うようになりました。

着てみたいオシャレな服とかがあっても、着れなかったら残念ですもんね。

 

参考までに記述しますが

私の身長は177cm、体重が61kgです。いや、はじゅかち><

健康診断のとき175cmと結果が出たのですが、流石に少しは伸びただろうしちょっとはサバ読みたいなと思ってこの数字にしました。

体重に関してはストレスと断食で結構上下するのでこの数字です。

一時期65kgくらいまではあったのですが、59kgになったりとかなり幅があります。

 

しかし、人からよく言われるのが案外細いねなんて言われしまうのです。

案外ってなんだよって思わずツッコミを入れてしまいたくなってしまうのですが、我慢します。

着太りするタイプなのかななんて考えたりもしますが、単に肩幅が広いくせに胸板ですとか腹筋に筋肉がついていないのでそう言われてしまうんだなあと。

 

事実、私も結構気にしてます。せっかくの夏ですしイケイケな格好とかしてみたいのです。上半身裸になってSupremeのキャップとレイバンのサングラスをかけてサーフボード片手にビーチを歩いてみたいなとか思ってしまうのです。

かといってそんなやる勇気はないのですが、もし誰かと出かけることとにでもなったら大変です。

Tシャツ一枚になったときなど夏は何かと露出が増えます。

ããã¼ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

女の子かわいい。

 

本来ならば夏に向けてダイエット!特に筋トレをしなくてはいけないのですが、私情もありなかなか時間が取れませんでした。

うそです、怠かっただけです。

 

からだを鍛えようにも筋トレヨガ食事療法SIXPADなどいろいろありますが、どれから手をつけたらいいんでしょうか。

正直全部嘘くさくて、からだなんて千差万別だし、人それぞれなわけでステマサイトに騙されるほどおバカではないと自負しているので、とりあえずは全部試してみようかなと思います。

結局おバカさんですね。

 

今までちょっと調べたくらいで本格的に実践したことはなかったので、今回こそなんとかやってみたいものです。

今までやってきたのはWii Fitくらいしかありませんでしたから。

ãWii fitãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

美人ですよね、トレーナーさん。

 

そんなわけでちょくちょく進展を報告しつつ頑張ってみたいと思います。

やっぱり褒められたいじゃん??

 

よし、明日から本気出す。

一人になりたいけど独りになりたくないてくのさん。

 私は今、日本に来ています。

といっても、あと3日ほどで出国となってしまうのですが。

 

ここの所色々と精神的にキていました。

 

Twitterは割りかし更新してはいたのですが、たまに更新できない時もあったりしました。

スマホとかパソコンとか誰かと繋がっていることがとても面倒くさくなって億劫になって、一人になりたかったのです。

 

さて、 

 一人っていいよね。独りにはなりたくないけど。

 

私個人としての考えでは一人と独りは違う意味を含んでいると思います。

 

教科書出版で有名な光村図書出版のコラムにもこのようなページがありました。

「一人」と「独り」の使い分けを明確に割り切ることは難しいですが,それぞれの字義から考えてみると,「一」は数を表しています。つまり「一人」と書いて「ひとり」と読ませる場合は,人数を意味しているといえます。一方の「独」は,この漢字自体に「ひとり」「ひとりだけ」「自分だけ」「自ら」という意味があります。「独学,独習,独演,独り言,独裁,独創」などの使い方から見ても,「独」には「自分だけで」という意味があるものの,人数とは無関係であることがわかります。

したがって,人数に重点を置くときは「一人」,状態や形態に重点を置くときは「独り」になると考えられます。

 

 

www.mitsumura-tosho.co.jp

このサイトにもありますが、かの夏目漱石の「坊っちゃん」にもこんな一節があります。

「独りで決めて一人でしゃべるから,こっちは困って顔を赤くした」。

books.google.co.jp

 

 独りと一人って言葉を使い分けてますね。同じく光村図書からの引用となりますが、一般的にはこのような使い分けがなされていると思います。

◇「一人」

一人っ子・一人息子(娘)・一人旅・一人として・一人もいない

 

 

◇「独り」

独り言・独り占め・独り相撲・独り立ち・独り身

 

 

例として「一人暮らし」という言葉があります。

一人暮らしと聞くと大学進学や就職のために上京した新入生・新社会人がワンルームのアパートに住みながら、慣れない生活に四苦八苦する情景が思い浮かばれます。

ãä¸äººæ®ãããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ*1

 

しかし、「独りぐらし」となるとどうでしょう。

親に先立たれ、いつの間にか40歳。持つ家族はおらず、スーパーの半額弁当とセールのカップラーメンを食べながら、発泡酒を流し込みます。オナニーに使ったティッシュが無造作に床に捨てられていることでしょう。

ãä¸äººæ®ããããããããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

*2

 

同じ「ひとりぐらし」という言葉にも漢字ひとつでこんな違いが生まれます。

 

何を言いたいかというと私は「悠々自適に一人になりたいときには家でごろごろ好きなことして、誰にも邪魔されずにご飯を食べたい」ということです。

寂しくなって誰かと喋ったり遊びたい時は人間誰しもあるかと思います。

そんな時には誰かに連絡をとったり通話をするものもいいでしょう。

 

タイトルの通り、一人にはなりたいんです。けど、独りになってしまってはあまりにも寂しすぎると思うのです。

 

自分は独りが性にあってるんだって人もたくさんいます。

ただ、私はそれが合っているとは思えませんでした。

家族と一緒にごはんを食べたり団欒というのを楽しみたいのです。

 

実はここ数日一人旅にでかけてきたのですが、楽しかったです。

また、気が向いたら感想でも書いてみたいと思います。

 

しかし、ふと「誰かと一緒にこの時間を楽しめたのなら」と頭によぎってしまうことがあります。

 

これを読んでいる人がいるかどうかもわかりませんが、私はこれからも頑張って、例え出会った人が自分の性格に合わない嫌な人であったとしても上手く接し触れ合いたいのです。疲れますけどね。

 

でも、案外誰かしらの仕事のおかげで今日の自分があると思うと、ここまで来てしまったのだし明日もな、と考えます。

 

まとめです。

相変わらず稚拙で48日ぶりの更新となってしまいましたが、私はなんとか生きています。色んな人に出会い、なんとか独りにならず、時に一人になりながらも楽しく生きてこられたかなと思います。明日は明日の風が吹くなんていいますが、ちょっとだけ期待してみようかな。

 

そんなわけで寝ます。ありがとうございました。

*1:ネットで拾っただけです。私の部屋ではありません、綺麗すぎます。

*2:こんなところでしょうか、寧ろ大学生のような部屋ですが、だいたいこんな感じです。

世界公用語がもし日本語だったら

もし日本が戦争に勝ち続けて世界公用語が日本語がだったらどうなっていただろう。

 

まずはじめに私は別にどんな政治思想がいいだとかそういうことを言っているのではなく、単に世界公用語が日本語だったらという話をするだけだ。

 

プライム・ビデオに「高い城の男」というオリジナルドラマがあるが

この原作となった小説を少しだけ読んだことがある。

高い城の男』(たかいしろのおとこ、原題:The Man in the High Castle)は、アメリカSF作家フィリップ・K・ディック歴史改変SF小説。

出典 - 

高い城の男 - Wikipedia

高い城の男 (ハヤカワ文庫 SF 568)

この本を持っていると表紙のせいなのか、周りから白い目をされたものだ。

本のストーリーはこのようになっている。

ストーリー

第二次大戦で枢軸国が勝利し、世界は冷戦状態になった日独に二分され、アメリカはドイツ支配下の東側、日本支配下の西側、緩衝国家の中部に分断されていた。 
終戦から15年経った1962年、アメリカでは「高い城の男」を名乗る謎の人物によって書かれた、「もしも連合国が勝利したら」という内容の仮想小説『イナゴ身重く横たわる』が出回って密かに人気となっており、ドイツは本を発禁処分にして、「高い城の男」の行方を追っていた。 
そんな頃、日本支配下サンフランシスコでロバート、フランク、ジュリアナなどの男女は各々仕事や生活のことで悩み、もがき、また日本からもたらされた易経に凝って、行動の指針を決めていた。しかし、彼らは知らず知らずに日独の謀略的攻防に巻き込まれ、謎の「高い城の男」に近づくことになってしまう。 

出典 - 

高い城の男 (たかいしろのおとこ)とは【ピクシブ百科事典】

 

 日本支配下のアメリカの様子が描かれている本作品だがもしこんな世界だったら私達はエバっていい顔できたのかなとか考えたりする。

 

この話を書くに至った経緯としては

単に私が英語が全く使えないからである。

 

大学のある講義で英語での課題提出を求められ、提出をしたものの何故かF処理を喰らってしまい、異議するわけにもいかず泣き寝入り(最も自身の実力不足なのだが)をしている。

「嘘でしょ、他の人たちA+じゃん」と目を丸くしたが、後の祭りである。

次回提出の最終課題の配点が高いので頑張るしかないのだが、どうも英語が世界公用語になったのには納得がいかない。

もちろん歴史的背景や言語の優位性などは理解しているし、英語という言語が学びやすく活用がしやすいことも理解している。

 

ただ、何だか気にくわない。

 

2020年に東京オリンピックパラリンピックの開催が決まり、観光立国としての推進を図る日本だが、英語を話せる人は何割いるのだろうか。

 

中学から英語を継続して学んだ人が主だが、突然道を聞かれたり、日本文化についての説明を英語で聞かれた際、正しく対応出来るのだろうか。

 

私はその対応出来ない人い含まれているわけだし、聞かれたとしてもきっと文法もへったくれもないカタカナのような発音で慌てふためくだけだろう。

 

でも、外国人サイドもちょっとは日本語頑張ってみようとか思わないかね????

 

我々が外国に観光に行ったとしよう。そこで何語を求められるか。

だいたいが英語である。勿論、近いアジアの国では日本語が通じたりもするが。

 

旅行先に訪問したらその国の言語で話してみるとかしてくれればなあなんて思った。

 

話がだいぶそれてしまったが、世界公用語が英語なのは十二分に理解しているが、世界公用語が英語なんだからここ日本だけどお前もこれに従えよな!ってのは何だか理解できない。

そういうことだ。

 

「世界に羽ばたくグローバルリーダーを!」「グローバル化の波が!」なんて言葉も何だか安直に使われている気がするが、別の機会に書くことにする。

 

ああ、もし日本語が世界公用語なら私達は他の国の言語を学ぶ際、かなり負担が減っただろうし羨みの目で見られただろう。

 

文がだいぶ長くなってきた。

 

まとめに入ることにする。

拙い文章になってしまったので、気が向いたら追記をする。

 

もう正直どうしようもない。

これから先も英語を学ばなくてはならないし、英語なしでは何も出来ない日が来る。いや、もう来てる。これからも英語は世界公用語として使われるだろう。ただ、私は英語を理解して、活用しようという意欲がない。一向に上達する気配もないし、もう何だかこれでいいかなって気もするし、周りとの差も開くばかりだ。

 

期末試験F貰ったら学務課に突きつけようと思う。

英語の教授許さない。

 

以上。

昼夜逆転生活。

真面目に文を書いてみよう。

 

只今の時刻、午前9時25分。

1限目の授業に出席し、キーボードをそれっぽくカタカタ叩きつつ、受講のフリをしている。

 

物凄く眠い。だが、睡眠時間は十分にとっているのだ。

 

日本人の平均睡眠時間は7時間43分。他国と比較すると短いそうだ。

OECD「Balancing paid work, unpaid work and leisure 2014」

 

私もそれほどではないが、6時間かそれくらいは寝ている。

 

考えられる理由としてはスマートフォンやPCの発達、24時間営業の店舗と生活の夜型化が進んだこと、更には受験勉強や仕事で睡眠時間は削られる一方である。

www.ichida-kyoto.com

 

私自身も思い当たる節があるし、長距離トラックや高速バスの居眠り運転によって引き起こされる重大事故が依然として発生している。

また、遅刻や授業中、仕事中の居眠りによって生産性は低下する。

 

一昔前の漫画でよくあった「わぁ~~~遅刻ぅ遅刻ぅ~~~><」なんて食パン咥えた女子学生と曲がり角でぶつかり、「あ、今私のパンツ見たでしょ!ヘンタイ!」なんて言われるくだりがあるが、遅刻から始める恋は現実にはほぼ起こりえない。

 

眠気を解消するためには寝るしかない。

エナジードリンクやコーヒーなどによって眠気を一時的に解消することが出来るが、疲れは蓄積されていく一方だし根本的解決には結びつかない。

 

昼休みなり合間合間の時間を見つけて寝ることも出来るが、休日や帰宅後はどうだろうか。移動中でもいい。

え、そんな時間もない?ご愁傷様です。

 

「あー疲れた。」ため息をつきベットにダイブ。すやすや夢の中。

明かりをつけたまま寝たせいか頭が痛くて、なんだか暑くて寝汗で布団はぐっしょり。

そして時計を見たら深夜2時。洗濯物回さなきゃ。なんだか気持ち悪いしシャワーでも浴びよう。なんとなくつけたテレビの深夜番組が面白くて、ついつい見入ってしまう。あれ、外が明るい。まさかの朝5時。ま、まあ睡眠時間はとれたしちょっと仮眠してから家を出よう。

 

寝過ごした。仮眠なんて取るんじゃなかった。

 

これは全てノンフィクションです。

実際今日こんなことがあったから書いている訳だ。

 

これこそが昼夜逆転生活の始まりであると考える。

諸条件によって睡眠の質自体も低下。移動中の睡眠は寝ているとは言えない、

目を閉じているのと然程変わらない。体制によっては首や腰に負担がかかるし、むしろ体を痛めつけているのではなかろうか。

 

中間まとめ

日本人は忙しく働いて学んで常に何かに追われ、それによって社会全体が24時間型のコンビニ人間になっている。

私は日々の疲れからくる睡眠不足を解消するために寝たは寝たのだが、質が低いことが起因してその効果は薄れている。

 

休日に寝溜めをするだとか、そういうものもこの昼夜逆転生活の引き金ではなかろうか。

 

睡眠の質の低下、そしてそれによって起こる損害。この「睡眠不足スパイラル」こそが私達を「寝不足」へと誘う要因であるのだ。

 

と、ここまで書きなぐって見たものはいいものの

考えればそんなのわかる。言っていることはそんな大したことじゃない。

何も産み出せていない。

 

今度機会があったら、この対策や睡眠の質をあげる方法について調べてみようと思う。

 

さて、もう一眠りするか。

 


キテレツ大百科OP スイミン不足

 

しつこく付き纏う締め切りというものについて

締め切り。それは時に人を怒らせ泣かせ、周りの何もかもを破壊する。

 

私はこの締め切りというものに苛まれてきた。

今も苛まれている。

 

さて、この題材について書くに至った経緯は今日、この締め切りのせいで全く寝れていないからである。

正直、眠くて眠くて仕方なかったが、もうここまで来ると覚醒状態というのだろうか。うん、目が覚めてしまった。

 

きっとどっかでプチっと電源が切れて、あたかもWindows   Updateのような強制シャットダウン状態に陥るのだろう。Fall UpdateにSpring Updateと本当に苦しめられた。MS許さない。

 

本題に戻そう。締め切りに合わせて物事を進めるのがセオリーではあると思うが、だいたいの人は直前になって「あ、やっぱ間に合わねえわ。無理。」とか言って期限を延ばしてもらったり、バックレたり、「いやパソコンが壊れちゃってぇ・・・」とか言い訳を垂れるわけである。

 

でも締め切りって自分で決めるものじゃないしなあ。

上司なり先生なりから命じられてやる。

 

人に迷惑をかけるのはさすがに嫌なので大体なんだかんだギリギリになってやるのだが、内容はお察しである。

 

グループワークがあって、上級生の人から上手くできてたよなんて慰めをかけてもらったのだが、確実に迷惑をかけてしまっただろう。申し訳ねえ・・・。

しかも原稿みてもらったな。

 

こほん。

 

よく漫画家が締め切りが締め切りがなんて言ってるけど

一つここで疑問が生じた。

「締め切りに間に合わせるために努力して描くのか」
ということだ。

 

無論、商業誌となれば出版社や印刷所、そしてコンビニや書店への配送と締め切りなくしては読者に漫画を届けることはできないが、そうとなるとその分質は落ちてしまうのではないかという点だ。

愚問だとも思うが、プロでも作品の構成やキャラのセリフ一つになるたけたくさんの時間を割きたいだろうし実に難しい話である。

 

クオリティとの両立をいかにして達成するのか。

 

連載10周年とか成し遂げている人たちを見ていると本当に偉大だなと感じる。

 

話が紆余曲折しているので、まとめに入ることにする。

突然ではあるが。

 

締め切りは私達を逃さない。倒し方は唯一つ。残された時間内に課題でも仕事でも何でもやるっきゃない。でも、それが出来ないから言ってるんだよ。

 

やっぱりやるからには正当に評価して欲しいし、それなりの対価が欲しいです。

ブログのタイトルについて

今からだいぶ気持ちの悪いことを言う。

私にはある先輩がいて、その先輩とは直接的関係はないが色々あって仲良くさせていただいている。最近は専らネット上で話したりするのだが。

さっき、ブログに普通にID実名で載っけていてバレることはないが、なんだか恥ずかしくてまた書いている。早くも挫折しそうだ。

 

その人がブログやってるから私もブログやってみようかなってのが一番の理由なんだが、その人のブログも○○の独り言ってタイトルなのである。

 

完全にパクる形になってしまった。

 

なので新しいタイトルを考えます。

 

徒然?独白?エッセー?

なんだか面白みに欠けるのでまた考えます。

その時はまた。

 

先輩、少しだけ目をつぶって下さい。