てくのさんの独り言

特にありません。好きなことを書いてます。だいたい愚痴です。

ギャルゲやってたらいきなりヒロインが自殺してしまったてくのさん。

前回の続きです。物語の核心にせまるほどのネタベレはありませんが、もしゲームをプレイされる予定のある方はご留意ください。

technosan.hatenablog.jp 前回の記事です。

 

Doki Doki Literature Club一巡目のプレイが終わりました。
さて完走した感想ですが

 

えぇ~~~~~~~~~~~~~~。

 

って言葉しか残りません。形容しがたいなにかです。

この手のゲームってヒロインが複数人いて、自分の気に入った女の子を選んで、彼女に気に入られるように選択肢を選んでいくものです。

 

ただこのゲームの場合、そうはいきませんでした。
前回、ユリちゃんを攻略していると書きましたが
あまりに媚びすぎたあまりに


幼なじみだったサヨリちゃんが自殺してしまいました。

f:id:te9nosan:20180829001050p:plain

この子です。いやぁ~~~一体何が足りんかったんでしょうかねぇ~~~


正直起動時のBGM聞くだけで精神もってかれそうです。
なんとなく選択肢を選びながら嫌な予感がしてはいたのですが
えっ死んでしまうん。うっへぇ~~~と膝から崩れ落ちました。
作中の詩もだんだん可笑しなテイストになったりと、怖いなぁ~~なんて感じましたが、的中してしまいましたね。

自殺CGを載せる訳にもいかないので、最後のシーンを振り返ってみたいと思います。

主人公くんは文化祭当日になってもあらわれないサヨリちゃんが心配になり部屋を尋ねました。しかし、目の前には首を吊ったサヨリちゃんが。ショックを受けた彼は自身の行いを振り返り、とんでもないことをしでかしてしまった。彼女に対する気遣いが足りなかった。彼女を苦しませてしまった。告白するべきだった(するべきではなかった)と後悔します。

また後から調べたことなのですが、サヨリちゃんを引き止める止めないに関わらず彼女は必ず死にます。残酷ですね。

 

最後にこんなテキストが表示されます。


文芸部が何だ、学園祭が何だ、俺は一番の親友を失った。

このゲームはリセットしてやり直せるようなものじゃない。

俺には一度しかチャンスがなく、俺には注意が足りなかった。

サヨリはもう決して取り戻せない。決して。決して。決して・・・

もう私はどうすればいいんでしょうか。誰か助けて。

あまりの結末になんとも言えない喪失感に苛まれ、朝食も喉を通りませんでした。
お昼ご飯はカツ丼食べました。ガッツリいけましたね。サイコかな?

なんとか精神を立て直し、2巡目に入ろうと思います。
幸い私は今までの経験から何かと選択肢が出る度にこまめにセーブを取っておきました。賢いですね。
私はサヨリちゃんに告白をしなかったので、告白する選択肢からロードしてトゥルーエンドを迎えればタイマーストップ計測終了です。
いつからRTAになったんだ。

 

f:id:te9nosan:20180829000011p:plain

なんやこれ・・・

 

なんということでしょう。本来サヨリちゃんがいるべきところのグラフィックが崩れてますね。しかもニューゲームの選択欄も文字化けしています。やだ怖い。

 

とりあえずはロードしましょっか。

f:id:te9nosan:20180829001913p:plain

 

驚きのあまりスクショを取り忘れましたが、
ファイル△△△△△が破損。 のようなメッセージが出た後、新しくゲームを始めることになりました。 

えっ、どうするん。もう従うしかないか。OKをクリックします。

ゲームは物語の始まりに遡ります。

f:id:te9nosan:20180829005325p:plain

f:id:te9nosan:20180829005414p:plain

いきなり前回の傷をえぐりに来ますねこのゲーム。

意味不明の文字列の後にサヨリちゃんの名前が消えた状態のテキストが表示されました。

 

もう1クリック、1クリックが重いです。
2巡目どうなってしまうんでしょう。私はネタバレの内容読まずにほぼ初見状態で挑むのでもうビックビクしてます。
おしっこ漏れちゃう。

 

2巡目の感想書く頃私はまともでいられるんでしょうか、ではまた。